よくあるトラブル内容

一つの職場で抱えがちなトラブルは、多くの場合人間関係と職務内容そのものによるトラブルに分けられます。女性が仕事をする上で気を付けたい人間関係と言えば、特に先輩と上司です。もしもこうした人達とトラブルが発生してしまった場合、職場での自身の評価に傷が付くだけでなく、仕事内容を教えてもらえなくなる事もあるのです。正当な理由があって衝突するのは大切ですが、今勤めている職場を辞めずにキャリアアップしていきたい場合は、「落とし所」を想定した上でぶつかるようにしましょう。また言っても聞き入れてくれない人間は一定量存在するものですから、先輩や上司の人柄を良く観察した上で自己主張する事が大切なのです。もちろん自分の主張が単なるワガママではないか、上に話す前に熟考する事も重要です。特に女性同士だと上手くいかないということもありますので、注意しましょう。(働く女性の人間関係トラブルについては、「女性ならではのWorkTrouble」)

人間関係の他に女性が仕事で抱えがちな問題と言えば、自分のミスによる損害があります。例えば発注ミスで特定の品物を予定より多く注文してしまった場合、経済的な不利益が発生するのです。しかし職務上のミスは人間であれば必ず起こしてしまうものですから、過度に落ち込むのは正しい対処ではありません。上司や周りの人達に謝罪した後は、自身の反省を次回に活かせるようにしましょう。もしもミスによって周りの人達からの信頼が低下してしまったと感じる場合には、気持ちを形にするためにも反省文を提出すると良いでしょう。落ち込んだ愚痴を言うよりも遥かに好意的に捉えてもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です